2018/12/10
調理実習研修
 12月4日PM17:30〜ヘルパーミーティングの研修の一環として、調理実習を行いました。今回は琵琶湖大橋病院栄養課松下様をお迎えして、同じ材料から糖尿病食と心臓病食の2種類を作りました。本来なら食品交換表を参考にすべきところですが、在宅ではなかなかそういったこともできず・・
 では、ざっくり 糖尿病食=タンパク質少なく 心臓病食=塩分控え目と覚えましょう。これから「おでん」の美味しい季節ですが、練り製品は思った以上に塩分が含まれているそうなので気をつけないといけないようです。
 ご飯・メイン・あと1品の三角形を心がけ、楽しい食事となるように工夫していきましょう。(写真の青は一般食・赤は病人食です)
 今回実習風景は、動画編集が出来次第アップ致しますので少々お待ちくださいませ。

2018/12/10
ヘルパーステーション『ハート便り』更新
2018/12/01
居宅介護支援事業所「ケアマネくん便り」更新
2018/11/28
合同研修「介護場面の感染対策」開催
 11月27日PM17:30〜社会医療法人誠光会草津総合病院 医療安全管理センター感染対策室 師長中村様をお迎えして行いました。
 これから気になるノロ対策や、「そもそもの感染予防ってどーしたら?」を分かり易く教えて頂きました。
感染対策の基本的な考え方として、@標準予防策 A経路別予防策の2本立てとなります。
@標準予防策は、血液・鼻水・咳・嘔吐等すべての湿性体液は感染性を持っていると考え、接触時は個人防護具(マスク・エプロン・手袋等)を適切に使用し、「1ケア 1手洗い」の徹底を。
A経路別予防策は、感染経路(直接間接的に触れる接触感染・咳やくしゃみ、会話の際のしぶき等の飛沫感染・空気中を浮遊する病原体の粒子からの空気感染)を遮断し効果的な対策を講じる。
 これからの季節ノロ対策も必須です。突然噴水のように嘔吐した場合や下痢・発熱の場合は注意です。対策としては、@食品の加熱を十分に行う A汚染を広げない吐物の処理を行う。処理時は、手袋を2重につけるのも効果的です。はずす時は、片手で手首に近いところをつまみ中表になるように脱ぎ、手袋をはめている手の中に握ります。握っている方は、手首の内側に片方の手を差し込み、握った手袋に覆いかぶせるように中表に脱ぎ廃棄し手洗いをします。
 正しい手洗い・アルコール消毒・マスク着用方法を身に着け、【うつさない・うつらない・もっていかない】を徹底しましょう。

2018/11/24
第2回介護事業部事例研究発表会開催
 11月22日PM17:30〜今回で2回目の事例研究発表会が行われました。7チームがエントリーし、ウィズハートからは、前回同様居宅介護支援事業所とヘルパーステーションが参加となりました。居宅は「自立支援に向けた地域包括ケアへの取り組み」と題して発表しました。各自1つは事例を挙げた中で、ケアマネジャーとサービス事業所だけでなく、幅広い関わりの困難ケースをご紹介することになりました。話の流れに沿ってパワーポイント作成も分担し、会議の時に都度都度内容を詰めて、発表者は最初から一緒に関わった主任ケアマネと共に進めました。結果、権利擁護と言う視点から、家族もご本人も幸せな暮らしを追及することができました。
 ヘルパーステーションは、「共に私らしい暮らしをかたちにしよう」と題して発表しました。この題は、今年のスローガンでもあり、適した方に意図をお伝えしご協力を頂きました。ヘルパーさんから情報を聞き取り、ご本人にも普段通りの会話の中に聞きたい事を織り交ぜ確認し、緊張感が生まれないように常に訪問しているヘルパーさんの時に訪問し、仲睦まじいご夫婦の写真を撮らせて頂きました。発表までは、女子アナか!と思うほど息継ぎ・間の取り方・時間配分の練習を繰り返し、当日は最後に伝えたい事をしっかり伝えられるようにサインを出しながら終えることができました。
 来年に向け「何かお土産として持って帰ってもらえるような芯のある発表」となるように頑張っていきます。

2018/11/21
滋賀県介護支援専門員連絡協議会研究大会参加
 20日PM13:30〜行われました研究大会に2名のケアマネジャーが参加しました。参加8チーム、制限時間8分にて行われた中、発表者は、経験豊富なケアマネジャーや主任ケアマネジャーが数多く参加されている中「緊張した〜」と言っておりました。
 事例の中では、困難なケース・看取りのケース・長年に渡って経過を追っているケース等色々な議題が上がっていました。8分と言う短い時間の中で、ぎゅっと凝縮して思いを伝えた結果、これからも頑張ってと言う意味も込めれられた【奨励賞】を頂くことができました。

2018/11/19
いきいき健康祭り参加
 17日PM13:00から椋の癒の駐車場をメインに行われた健康祭りに参加して来ました。この日を迎えるまで、4チームに分かれての担当制となり、ウィズハートは広報担当でした。
 当日は天候もよく、吹奏楽・コンサート・エアロビクス・フラダンス等駐車場でのイベントもあり、多くの方にお越し頂きました。

2018/11/07
車いす外出介助の実習について
 ヘルパーステーションの研修で今回は「車いす外出介助の実習」を行いました。
 自宅に伺う事が多く、車いすを押す事もあまりありませんが、外出支援は大事なケア内容の一つです。2人1組での車椅子体験。押す方も今までの勉強をおさらいしながらドキドキの体験。利用者目線になって押してもらうのも貴重な体験でした。
 動画にて撮影致しましたので、下記のポイントをご参考にご覧ください。
 @【立ち上がり】
 自分がどうやって椅子から立ち上がるかやってみると、足を引く→前かがみになる→足裏に体重をのせ立ち上がっているのがわかります。動きは直線でなく曲線。最後に少し後ろに戻すのがコツ。腕を引っ張っている介助をみる事がありますが、自然の動きをする事で介助の力は最小限になります。
 A【車イスの一連の流れ】
ベッドなどから車いすに移乗。ついつい抱え上げがちですが、立ち上がりと同様に体がどう動いているかを振り返ると体重を移動するための声かけや介助方法がわかってきます。車いすに座った時の姿勢もいかに楽に座ってもらうかが大切です。
 B【坂の上り下り】
上り坂は、平坦な所より腕に力が要りますが、肘をしっかり脇につけて押します。体で重さを受け止めます。下り坂は後ろ向きです。車いすに乗ると下り坂を前向きにおりる事が怖い事がわかります。

2018/11/05
現役ヘルパーと一緒に体験会 12月開催日決定
 12月体験会の開催日が決まりました。
12月4日(火曜日)PM17:30から堅田公民館で、季節の野菜を用いた献立にて予定しております。ご興味を持って頂いた方は、お電話等でご連絡下さい。
2018/11/02
居宅介護支援事業所「ケアマネくん便り」更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >
一番上に戻る

- Topics Board -